お悩み相談:ランナー膝|腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みでしたら石川県小松市の【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】へご来院ください。

お悩み相談

  • ホーム
  • >
  • お悩み相談:スポーツ障害:ランナー膝

スポーツ障害

ランナー膝

この様な症状でお悩みではありませんか?
・走ると膝が痛い
・膝の曲げ伸ばしで痛みが出る
・体重が乗った時に膝が痛む
・正座がしにくい
・膝関節の外側2~3センチ上に痛みがでる
ランナー膝(腸脛靱帯炎)が起きる理由

腸脛靱帯とは太ももの外側を覆っている長い靱帯で、腸骨(骨盤の骨)から太ももの真横を通り脛骨(すねの骨)に付着し、膝の外側の安定を保つ役割を果たしています。腸脛靱帯には大腿筋膜張筋と大殿筋が付着しており長時間のランニングや階段の昇り降りなどで、体重が外側にかかることが多くなると、この大腿筋膜腸筋や大殿筋に負担がかかり、腸脛靱帯に負担を与えてしまうのです。負担により腸脛靱帯が張った状態になると膝の曲げ伸ばし時に大腿骨と擦れて摩擦を起こし炎症が起きてしまいます。これがランナー膝(腸脛靱帯炎)です。ランナーに多いことから「ランナーズニー」「ランナー膝」とよばれています。

ランナー膝(腸脛靱帯炎)が治らない・悪化する理由
放っておいたり適切な治療を行わないと慢性化していきます。
一般的なランナー膝の治療としてはランニングを控え安静にしたり塗り薬や湿布、マッサージ、テーピングといった施術を受けた方も多いかと思います。しかしこれらは一時的に痛みの軽減を感じることはあっても根本的な改善にはつながらず、スポーツを再開すると痛みが再発するといったことも多いと思います。
もみの木鍼灸整骨院の治療

当院の施術がランナー膝に有効なのは原因筋である大腿筋膜腸筋や大殿筋、腸脛靱帯だけに着目するのではなく、痛みを作っている脳の「痛みプログラム」を書き換えることにあるからです。また症状の度合いによってはトリガーポイントや関連したツボをつかった鍼灸治療も有効です。もみの木鍼灸整骨院では、より早く競技に復帰して頂くために、詳しく問診検査などを行い、当院独自の施術を用いて炎症や疼痛の緩和・除去を行います。また動作も確認し、改善箇所があれば指導も行います。お困りの方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

tel0761-47-3967

〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
受付時間
9:00~11:30 / 14:30~19:00
定休日
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
駐車場
7台

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

お悩み相談

もみの木鍼灸整骨院

もみの木鍼灸整骨院
〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
【受付時間】
9:00~11:30 / 14:30~19:00
【定休日】
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
  • tel 0761-47-3967
  • ※営業電話はお断りしております!
  • お問い合わせはこちら

石川県小松市にある【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】では腰痛や肩こり、スポーツ障害でお悩みの方の症状に対応した施術を行っています。色々な施術を経験したけど症状が改善されなかった方、諦める前に一度当院へご相談ください。

当院ではクレジットカードをご利用いただけます

※施術料5,000円未満の方は手数料50円が
別途費用としてかかります。

page top