お悩み相談:円回内筋症候群|腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みでしたら石川県小松市の【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】へご来院ください。

お悩み相談

  • ホーム
  • >
  • お悩み相談:手/足の痛み:円回内筋症候群

手/足の痛み

円回内筋症候群

この様なことでお困りではありませんか?

・前腕から手のひらにかけてジワーッと広がる痛み・鈍痛・しびれ感がある。

・腕のしびれから競技(野球、ボーリング、テニスなど)に支障がある。

・パソコンをしていると腕がしびれる。

円回内筋症候群とは?
上肢にあり肘関節の屈曲や前腕を内側に回す(回内する)筋肉のことを円回内筋と言います。
円回内筋の支配神経で上肢腹側の真ん中を通っている正中神経が、肘関節周辺で圧迫されて痛みや痺れ、筋力の低下といった症状を起こす疾患のことを円回内筋症候群と言います。
 
正中神経には『3つの絞扼点(こうやくてん)』と呼ばれ、筋肉などで圧迫される可能性のある箇所が3つあります。その箇所で圧迫され症状が表れるのが円回内筋症候群です。
円回内筋症候群の原因
スポーツでは、テニスやボーリング、野球など上肢を使う競技でよく見られます。たとえばテニスでは、フォアハンドのときにスピンをかけようと強い力で手首を返し前腕を回内するため、円回内筋の起始部に負荷がかかります。テニスにはバックハンドで発症するテニス肘という疾患もありますが、肘が痺れるといった症状のときは円回内筋症候群の可能性を疑います。
また、一般の人にも馴染みの深いボーリングでも起こります。手首を返さずに力任せに真っ直ぐ手を振り上げて投球する様な人や、投球時に上肢を回外してから回内する人など手首を内側に返す動きをする方に見受けられます。
スポーツ競技だけではなく、小さなノートパソコンを使用するなど、手を使った作業を繰り返すような事務的作業の人たちにも起こりうる障害疾患です。
 
円回内筋症候群の治療
一般的な治療としては、お薬や注射を打ったりして症状を和らげたりしますが、それらも一時的な対処療法で根本的な改善には至らないでしょう。症状が軽度な場合は保存療法で治る事もありますが中途半端に症状を残すと繰り返し再発する様になり、慢性化することにもなります。またストレッチを推奨するところもありますが、損傷部位への更なる負荷は症状を悪化させる危険性がありますので当院としてはおすすめしません。腕を逆の動き(手関節を伸展、回外)にしてキネシオテーピングを用いて固定する方法もありますがこれも競技をするに際し、一時的な保護にはなっても根本的な改善方法とはいえません。
 
 当院で行う治療は関連筋を緩め神経を圧迫している箇所を取り除くとともに、痛みとしびれに特化したAPP療法を用いて、中枢神経(脳)にアプローチし、症状を軽減改善させます。
お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

tel0761-47-3967

〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
受付時間
9:00~11:30 / 14:30~19:00
定休日
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
駐車場
7台

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

お悩み相談

もみの木鍼灸整骨院

もみの木鍼灸整骨院
〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
【受付時間】
9:00~11:30 / 14:30~19:00
【定休日】
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
  • tel 0761-47-3967
  • ※営業電話はお断りしております!
  • お問い合わせはこちら

石川県小松市にある【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】では腰痛や肩こり、スポーツ障害でお悩みの方の症状に対応した施術を行っています。色々な施術を経験したけど症状が改善されなかった方、諦める前に一度当院へご相談ください。

当院ではクレジットカードをご利用いただけます

※施術料5,000円未満の方は手数料50円が
別途費用としてかかります。

page top