お悩み相談:三叉神経痛|腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みでしたら石川県小松市の【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】へご来院ください。

お悩み相談

  • ホーム
  • >
  • お悩み相談:中医鍼灸適応疾患:三叉神経痛

中医鍼灸適応疾患

三叉神経痛

三叉神経痛とは
一般的に「顔面神経痛」とよばれたりしていますが、正式名称は「三叉神経痛」です。脳神経の中で最も大きな神経で、①眼神経②上顎神経③下顎神経の三枝からなり、一番神経痛を起こすのは上顎神経です。とても強い痛みが発作的に起こる疾患で、発症年齢は50歳代以降でやや女性に多いです。
 
★特徴
三叉神経痛極めて特徴的で、神経が刺激されるようなピリッとした電気痛の様な痛みですが、数分後には嘘のように消えることがあります。一日中持続的に痛むことは少なく、食事や歯磨き、洗顔、髭そり、会話などで誘発されます。痛む部位は顔面と頭頂部から前の部分に限られ、片側性です。
三叉神経痛の原因

原因はわからないものが大部分ですが、まれに頭部に腫瘍や動脈瘤、動脈硬化症によって三叉神経が圧迫されていることがあります。また顔の三叉神経近くにある歯や耳、目などの病気、糖尿病、アルコール中毒によっておきることもあります。

東洋医学での三叉神経痛

古典医学書の中では「頬痛」の記載があり、現代でいう三叉神経痛に相当します。東洋医学では体の痛みを「痺症」とよんでいます。「痺」とはつまって通じないという意味で、風や寒さ、湿気などの環境因子が体の活動に必要な気や血の流れを妨げた状態を指します。痺症の代表的な症状が神経痛です。神経痛には急性と慢性があり、急性の神経痛は環境因子で起きる事が多いですが、慢性の場合には、病気に対する抵抗力も不足するなど、体質要素もからみます。経過も長引き、治療も困難になります。

もみの木鍼灸整骨院の施術

当院では鍼独自の鎮痛効果を利用して激しい三叉神経痛を緩和したり完治させたりしています。過去の症例観察からすると有効率は約80%以上になり、三叉神経痛は鍼灸治療の効果が上がりやすい神経性疾患の一つといえます。鍼灸治療は痛みや痺れがエスカレートしたり、内服薬の様なふらつきなどの副作用もなく、身体に余計な負担をかけることはありません。血液の循環、自律神経の異常を改善するのも鍼灸治療の目的の一つです。

関連記事

tel0761-47-3967

〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
受付時間
9:00~11:30 / 14:30~19:00
定休日
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
駐車場
7台

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

お悩み相談

もみの木鍼灸整骨院

もみの木鍼灸整骨院
〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
【受付時間】
9:00~11:30 / 14:30~19:00
【定休日】
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
  • tel 0761-47-3967
  • ※営業電話はお断りしております!
  • お問い合わせはこちら

石川県小松市にある【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】では腰痛や肩こり、スポーツ障害でお悩みの方の症状に対応した施術を行っています。色々な施術を経験したけど症状が改善されなかった方、諦める前に一度当院へご相談ください。

当院ではクレジットカードをご利用いただけます

※施術料5,000円未満の方は手数料50円が
別途費用としてかかります。

page top