お悩み相談:耳鳴り・難聴|腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みでしたら石川県小松市の【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】へご来院ください。

お悩み相談

  • ホーム
  • >
  • お悩み相談:中医鍼灸適応疾患:耳鳴り・難聴

中医鍼灸適応疾患

耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴とは
★耳鳴り
耳鳴りと難聴は聴覚に異常が起きる病気です。耳鳴りとは外界に音がないのにある種の音を感じるものをいいます。自覚的耳鳴りとして内耳障害性耳鳴りと、伝音性耳鳴り、後迷路性耳鳴りがあります。耳鳴り症状のほとんどは難聴を伴います。
 
★難聴
難聴には外耳や中耳の病変で起きる伝音性難聴と、内耳や聴神経、中枢神経の病変で起きる感音性難聴があります。また両方が障害される混合性難聴やヒステリーなどで起きる心因性難聴もあります。
症状について
★耳鳴り
自覚的な張力の低下は無く耳鳴りを訴え、耳鳴りの自覚的表現はキーンやジーンが多いです。首、肩こり、後頭部の重圧感、疲労、睡眠不足、精神的興奮により耳鳴りが悪化し、睡眠や安静によって改善する事があります。
 
★難聴
①突発性難聴:突然で急激な高度の難聴で始まります。閉塞感があり耳鳴り時にはめまいがあり、通常一側性です。
 
②メニエール:めまい、耳鳴り、難聴を主訴とします。通常は一側性です。
 
③老人性難聴:高齢の方にみられます。通常は二側性です。
 
④騒音性難聴:長時間騒音にさらされた時などにおきます。ヘッドホン難聴などがあげられます。
 
治療安静と内耳の循環改善を目的とします、薬は抗ウイルス、安定剤、ステロイドなどを投与します。
 
中医学における難聴
中国の古典の中では、「脳鳴」「苦鳴」「蝉鳴」「耳虚鳴」などの病名での記載があります。東洋医学的には激しい怒りや恐れといった感情や病気によって体力が消耗し「肝火」または「腎虚」になった時に耳鳴りが起こると考えられています。
 
また病因病機によって①実証②虚症の2タイプに分かれます。
 
中国の古典の中では、「脳鳴」「苦鳴」「蝉鳴」「耳虚鳴」などの病名での記載があります。東洋医学的には激しい怒りや恐れといった感情や病気によって体力が消耗し「肝火」または「腎虚」になった時に耳鳴りが起こると考えられています。
 
また病因病機によって①実証②虚症の2タイプに分かれます。
突発性難聴について
 
突然生じる一側性の難聴で耳鳴りやめまい、耳閉塞感などがあります。聴力の低下の程度は全く聞こえなくなる重症例からなんとなくつまった感じのする軽症例まで様々です。
 
【原因】
内耳の聴神経細胞の障害によって起こりますが原因ははっきりしておらず、
 
①内耳循環障害説
過度のストレスや過労、睡眠不足、心労などにより内耳に流れる血管が細くなり、毛細血管の血流が阻害され内耳に十分な血流が届かずに機能不全が起こる。
 
②ウイルス感染説
ウィルス感染によるかぜ症状が原因で難聴が起こる。
 
などが考えられます。
 
突発性難聴に対するもみの木鍼灸整骨院の施術
中医学では突発性難聴は聴覚が低下して外界の音が聞こえない、或いは聴きにくいものを言い、「耳聾」と称されています。二千年前の中国の古代医学書にもすでに記載されており、怒りや恐れ、悩みなどといった感情により体力が消耗した時(腎虚)難聴が起きると考えられています。
当院では鍼灸や耳つぼを使い腎虚の改善を行っていきます。

関連記事

tel0761-47-3967

〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
受付時間
9:00~11:30 / 14:30~19:00
定休日
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
駐車場
7台

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

お悩み相談

もみの木鍼灸整骨院

もみの木鍼灸整骨院
〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
【受付時間】
9:00~11:30 / 14:30~19:00
【定休日】
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
  • tel 0761-47-3967
  • ※営業電話はお断りしております!
  • お問い合わせはこちら

石川県小松市にある【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】では腰痛や肩こり、スポーツ障害でお悩みの方の症状に対応した施術を行っています。色々な施術を経験したけど症状が改善されなかった方、諦める前に一度当院へご相談ください。

当院ではクレジットカードをご利用いただけます

※施術料5,000円未満の方は手数料50円が
別途費用としてかかります。

page top