お悩み相談:ばね指|腰痛や肩こりなどの慢性的なお悩みでしたら石川県小松市の【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】へご来院ください。

お悩み相談

  • ホーム
  • >
  • お悩み相談:手/足の痛み:ばね指

手/足の痛み

ばね指

こんな症状でお悩みではありませんか?
・指の付け根に腫れ
・指を曲げた後、指が曲がったままで伸ばそうとするとバネのように急にのびる
・指を曲げると反対側の手で伸ばそうとしないと伸びない
・指の曲げ伸ばしで痛みがある
ばね指(弾発指)とは
指は腱の力によって曲げ伸ばしができます。手を握ったりする筋肉は前腕にあり、その働きを腱が伝えるのですが、その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。
 
この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近には過度の力がかかり続けると炎症が生じやすい箇所があります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、腱鞘炎になり、さらに進行すると腱が腫れ引っ掛かりが生じることによってばね現象が起こります。これを「ばね指」と呼んでいます。
 
更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツ、指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。糖尿病、リウマチ、透析の患者さまにもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。
 
尚指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。
 
◇症状
指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、腱鞘炎となり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行すると「ばね現象」が生じてばね指となり、さらに悪化すると指が動かせない状態になります。
 
◇病院などでの治療
①保存的療法
局所の安静(シーネ固定も含む)
 
②投薬
腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロン)などがあります。
 
③手術
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。
 
ばね指が治らない、再発する理由

一般的なばね指の治療として用いられているのが保存療法や投薬などですが、これでは一時的に痛みが軽減したとしても再発することが多いです。またマッサージやストレッチなどは症状をさらに悪化させることが多いのでご注意下さい。

もみの木鍼灸整骨院の施術
当院では痛みと炎症を軽減させることに特化したAPP整体療法を行います。とてもソフトな施術なので安心です。
 
またばね指になる方には特有のクセがある場合が多いので、そういった点の動作指導も行います。お悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

tel0761-47-3967

〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
受付時間
9:00~11:30 / 14:30~19:00
定休日
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
駐車場
7台

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

お悩み相談

もみの木鍼灸整骨院

もみの木鍼灸整骨院
〒923-0824
石川県小松市軽海町ソ67-1
【受付時間】
9:00~11:30 / 14:30~19:00
【定休日】
日曜日、祝日、水・土曜の午後
※祝日のある週は水曜の午後も診療
  • tel 0761-47-3967
  • ※営業電話はお断りしております!
  • お問い合わせはこちら

石川県小松市にある【もみの木鍼灸整骨院/接骨院】では腰痛や肩こり、スポーツ障害でお悩みの方の症状に対応した施術を行っています。色々な施術を経験したけど症状が改善されなかった方、諦める前に一度当院へご相談ください。

当院ではクレジットカードをご利用いただけます

※施術料5,000円未満の方は手数料50円が
別途費用としてかかります。

page top